次世代型の新しいお米の誕生!

株式会社イカリファームが、生産・販売するコシヒカリの改良系統である「しきゆたか」は、今までの品種と比べ、甘みが強く、もちもちとした食感で、大きめの粒で食べ応えがある、非常に良食味の米です。また、冷えた時の硬化速度が非常に遅く、冷めても良食味を保つことができるため、おにぎりやお弁当等冷めた状態で美味しく食べることのできる米です。

よりよいお米を作るために…

改良部分その1
コシヒカリ弱点の克服 ● 耐倒伏性があり品質悪化の回避、作業性低下の回避が実現できました。
● 耐病性を向上し、いもち病害の軽減につながりました。


改良部分その2
広域適応性の付与 ● 出穂特性としては、適応地域を拡大でき、また作期分散が可能です。


改良部分その3
良食味/超多収の両立「F1Hybrid」 ● 大穂&大粒による増収&収量の安定化
● 低アミロース化の実現により冷めても美味しいお米へ。


改良部分その4
環境親和型稲作の実現 ● 病害抵抗性を高めることで低農薬での栽培ができるようになりました。
● 直播適性が高く省力化できます。